エスピーオー宣伝スタッフのJです。

今回はシネマート新宿・シネマート心斎橋で公開中の韓国映画『戦場のメロディ』を観てきました!

あらすじは

朝鮮戦争まっただ中の1952年。家族も戦友も失ったハン・サンヨル少尉(イム・シワン)は、失意のまま最前線から釜山に転属。それで彼を待ち受けていた任務は、両親を亡くした多くの戦争孤児の世話だった。チンピラの悪事に利用されていた孤児たちを集め、サンヨルは得意の音楽を活かし「児童合唱団」を作り歌を教え始める。初めはぎこちなかった歌声にリズムと和音が生まれ、子供たちに笑顔が戻ったころ、戦地への慰問公演が決まる。だが、行き先は死と隣り合わせの最前線だった・・。

という内容です。

「ミセン-未生-」がとても好きなので、イム・シワンくん目当てで観に行きました。
とはいえ、チャン・グレのイメージが非常に強く、軍人の役こなせるのかなと勝手な心配もしてしまいました。(許してシワンくん。)

結果から言うと、彼の演技はとても素晴らしかったです。綺麗な顔立ちというどちらかといえばひ弱なイメージを、演技力で覆しています。こども達はもちろん、部下や周りの大人たちにも信頼される精悍なキャラクターを見事に体現していました。ファンの方は実際に観てみてください。僕はチャン・グレと同じ位、今回彼が演じたハン・サンヨルも好きになりましたよ。

この凛々しさ!

シワンくんもそうですが、まわりのキャストも素晴らしかったです。孤児院のボランティアを演じるコ・アソンさんのひたむきさや、こども達を利用しているカギヅメ男を演じるイ・ヒジュンさんの何とも言えない悲しさ、必死に生き抜こうとするきょうだいを演じるチョン・ジュンウォンくんとイ・レちゃんのこどもが持つ純粋さ、どれをとっても心に響くものがありました。チョン・ジンウォンくんは「師任堂、色の日記」では、イ・ヨンエさん演じるサイムダンの息子のイ・ヒョルリョンという大役を演じるらしいです。今回の映画でも大きな役割を見事に演じきっていました。

<後列>左から、コ・アソンさん、イム・シワンくん、イ・ヒジュンさん、イ・ジュンヒョクさん(チェ上士役)
<前列>左からチョン・ジンウォンくん、イ・レちゃん

そんな彼らを通して、戦争の悲惨さを我々は目の当たりにしていきます。大勢の兵士が死んでしまう激しい戦闘シーンもありますが、こども達にまつわるエピソードが悲しすぎます。

生きる為に、泥棒や爆弾の解体など危険なことをしながら生活するこども。戦争がもたらした親同士の因縁がもとで、友情が憎しみに変わってしまったこども。自分が歌った歌のせいで、父親が死んでしまったと思いこみ、歌が歌えなくなってしまったこども。

戦闘シーンも規模が大きく迫力のあるシーンばかりですが、それ以上にこども達の日常という面から戦争の悲惨さを表現している演出・脚本には脱帽しました。
あるシーンでシワンくん演じるサンヨルが発する「それは大人たちの事情だ」という言葉には、この作品を作った人たちの多くの思いが込められている気がして涙してしまいました。

そんなこども達を救いたい心から、自分にできることとしてサンヨルは孤児院で児童合唱団を結成することになります。戦争という異常事態の中で、こどもたちに楽しみを与えるというだけでなく、彼らに居場所や絆という大切なもの作っていきます。そして、合唱団の歌声はこどもたちだけでなく、大勢の兵士や大人、そして悲しい過去を持つサンヨル自身も癒していくことになります。

「音楽」という娯楽が多くのものを思い出させてくれるきっかけになるという構成も非常に自然で感動します。

特に記憶に残るエピソードは、前述の喧嘩ばかりしている2人のこどもをサンヨルが諭すシーンです。「合唱」の原理を利用しながら、2人に大切なことを伝えます。自分はこのシーンでは鳥肌が立ちました。どのようなやり方をするのかは内緒!

戦時下が舞台なので、悲しい話もありますが、笑いが思わずこぼれるコミカルなシーンもあるので、非常に観やすいです。そして、こどもたちの純粋な心、そしてシワンくんの優しいまなざしが心に響く作品です。観た後にはきっと優しい心になれますよ。

笑顔が一番

P.S
「ミセン-未生-」見かえそ。

シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて公開中。

監督:イ・ハン 脚本:イ・ウンジュン 製作:キム・ウテク  
出演:イム・シワン『弁護人』、コ・アソン『スノーピアサー』、イ・ジュニュク、パク・スヨン、イ・ヒジュン
2015年/韓国映画/124分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル /原題:오빠생각/配給:ハーク /
(c)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD.All Right Reserved.

Text:J(エスピーオー宣伝スタッフ、20代男性)
映画が好きで映画館には毎週通っています。
韓流はじめアジアドラマ歴は入社後から見始めたので約2年半。
ボルダリングの弟子ができました。

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  2. 2「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  3. 3【インタビュー】「王子様をオトせ!」パフ・クオインタビュー「共演する前は、彼は近寄り...
  4. 4ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  5. 5中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  6. 6「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【中国エンタメ】フー・ゴー(胡歌)日本で特別貢献賞受賞! 「風中の縁」コメント動画あ...
  9. 9【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  10. 10「孤高の花~General&I~」 セル&レンタルDVD12月リリース決定 & 日本...
  1. 1中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  2. 2【インタビュー】「王子様をオトせ!」パフ・クオインタビュー「共演する前は、彼は近寄り...
  3. 3中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  4. 4ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  5. 5【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  6. 6「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  7. 7【中国エンタメ】フー・ゴー(胡歌)日本で特別貢献賞受賞! 「風中の縁」コメント動画あ...
  8. 8「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」
  9. 9【イベントレポ】「韓国テレビドラマコレクション大賞」表彰式&クロストーク
  10. 10【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事