「ハンシュク~皇帝の女傅」の舞台は後漢、安帝の時代。

中国時代劇ファンだと本作を観ている際に「あっ」となる箇所がちらほら。
抜粋していくつかお届けします。

●「班淑」の父親

本作の主人公・班淑(ハンシュク)は架空の人物。
(「ハンシュク~皇帝の女傅」より)

しかしながら、彼女の父・班超は実在の人物。
劇中でも語られていますが、西域都護として大活躍をした人物です。

ちなみに、
ことわざとして有名な「虎穴に入らずんば虎児を得ず」は
班超が西域において部下を鼓舞した言葉です。

●英雄「衛青」

「衛青」は前漢・武帝の時代に活躍した軍人。

武帝以降の歴史を扱う作品には、
その名前が出てくることも珍しくないので、
名前を聞いたことある人も多いでしょう。

(「ハンシュク~皇帝の女傅」より)


本作でも「衛青」が使っていたとされる弓が登場します。
班淑がその弓を握ることになりますが、その理由とは?
架空の話ではありますが「ハンシュク」要注目のエピソードの一つです。

ちなみに衛青は、平民から皇后に上り詰めた女性・衛子夫の異母弟。
武帝に愛された姉の力も大きいですが、衛青自身も大将軍までに上り詰めた努力家です。

(「賢后 衛子夫」より)


ドラマ「賢后 衛子夫」では衛子夫の最大の味方の一人として、
そして軍人としても大活躍をします。
彼に興味を持ったら是非観ていただきたい作品です。

  • 1
  •  
  • 2

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  2. 2中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  3. 3【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  4. 4イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6「クリミナル・マインド:KOREA」 ソン・ヒョンジュ & ムン・チェウォン コメン...
  7. 7「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  8. 8「メモリーズ・オブ・ラブ」ウォレス・チョンが一途な温かい男を演じる
  9. 9ピーター・ホー、マーク・チャオ etc..."台湾式優しい男子"を紹介!
  10. 10ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  1. 1「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  2. 2中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  3. 3イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  7. 7【全話ふりかえり vol.5】「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」を全話ふりかえり!
  8. 8「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  9. 9【イベントレポ】韓国ドラマセレクション2018 in 東京「クリミナル・マインド:K...
  10. 10【コラム】時代劇ファン要注目!「ハンシュク~皇帝の女傅」3つのプチ知識
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事