「輝くか、狂うか」は、フィクション的な要素が決して少なくない時代劇です。ですが、少し史実を知っておくと、もう1歩深く楽しめることは間違いなし!この特集では全3回にわたり、歴史のプチ知識をご紹介していきます。今回はシンユルのモデルになった人物について。

「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識
#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」 
#2:「幻の国、渤海」 
#3:「シンユルのモデルになった人物とは?」

★「輝くか、狂うか」公式サイトはこちら

**********

「輝くか、狂うか」のヒロイン、シンユル。

このキャラクターはフィクションですが、実はモデルとなった実在の人物がいます。それが雙冀(サンギ)です。
雙冀は中国人でありながら高麗の功臣で、「どう民衆の心をつかむべきか?どう王権を強化すべきか?」と悩む光宗を支えました人物でした。

光宗の改革の一つ"科挙の導入"も、実は雙冀のアドバイスによるものと言われています。
「輝くか、狂うか」でも、シンユル率いる青海商団では身分に関係なく昇給試験が行われ、それを見たワン・ソ(=のちの光宗)が「すべてが身分に関係なく、努力すれば望みの職を手に入れられる。(中略)これを官吏の登用に導入できれば・・・」と話す、というエピソードが。
(ワン・ソを皇子だと知らないシンユルが、不思議な顔をするのがまた面白い笑)


また、雙冀は男性。シンユルは彼を女性化したキャラクターなのですが、ワン・ソとシンユルが再会の際には、ある事情からシンユルは男装し男性として現れたり...。(しかも、この二人の間に"ブロマンス"的な展開が...!)


「輝くか、狂うか」はフィクションの要素がある時代劇ではありますが、史実と少しリンクするようなエピソードもあり、そういう部分を少し知っているとより深く楽しむことができます。以上、全3回にわたって「輝くか、狂うか」のちょっとした歴史プチ知識をおとどけしました!

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  2. 2【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  3. 3【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  4. 4【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  5. 5【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  6. 6「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  7. 7「アバウトタイム~止めたい時間~」あらすじ&キャラクター紹介
  8. 8【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  9. 9「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  10. 10【今月の推し:vol.4 キム・ソナ】共感度120%のNo.1ヒロイン!#1
  1. 1【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  2. 2「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  3. 3【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  4. 4【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  5. 5【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  6. 6「アバウトタイム~止めたい時間~」あらすじ&キャラクター紹介
  7. 7【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  8. 8【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  9. 9ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  10. 10「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事