CSエンターテインメントチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」にて、 いま話題沸騰中の"逆輸入俳優"ディーン・フジオカが出演する海外ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」を6月から放送!

NHK連続テレビ小説「あさが来た」五代友厚役や台湾ドラマ「王子様をオトせ!」で主演アーロンの恋のライバル役でブレイクし、 飛ぶ鳥を落とす勢いの国際派俳優ディーン・フジオカ。 そんな彼が朝ドラブレイク前に出演した「荒野のピンカートン探偵社」は、 1860年代のアメリカ開拓時代のカンザスを舞台に、 実在するアメリカ最古の探偵社の創成期を描いた一話完結型サスペンスアクションドラマです。 2014年に北米で放送された際には、 「あのかっこいい東洋人は誰?」と話題になりました。

ディーン・フジオカは、 4話目「第四の男」でピンカートン探偵社へ犯人探しを依頼するケンジ・ハラダという日本人役として登場。 のちに探偵社の仲間となり、 創設者であるピンカートン親子と世界初の女性探偵ケイトとともに、 数々の凶悪事件を解決していくこととなります。
ケンジは武術の達人で刀を使えるという設定。 剣術やアクションシーンも見逃せません。 北米進出ドラマとなった本作には、 朝ドラでは見られなかったディーン・フジオカの魅力がたっぷりと詰まっています。


【本作の見どころ】
◆ディーン・フジオカ、 渾身のアクション
ディーンと撮影オフの日に意見交換をした監督が、 中華圏で剣術アクションをしてきた彼の経験をうまく活かしたいと提案。 黒沢明ファンだというその監督に、 日本の侍であればどう振る舞うかを語り、 京都の太秦で習った殺陣について伝えたところ、 そこからアイディアが盛り込まれて、 ケンジ・ハラダというキャラクターが構築されました。 殺陣のほか、 マーシャルアーツやボクシングで鍛えたキレのあるアクションも多く披露。 朝ドラではみられなかったアクションシーン!これは見逃せません!


◆ディーンの熱き想いが叶った!北米ドラマデビュー作
本作への出演は、 アメリカ留学の経験を持つディーン・フジオカにとって、 「もう一度アメリカでチャレンジしたい」という10年来の念願が叶った作品です。
オファーを受けた当初は3話ほどの出演予定でしたが、 ディーンの演技をプロデューサーらが高評価し、 準レギュラーへと昇格、 計7話へ出演することになったのです。


◆侍からプレイボーイへ!?ディーン演じるケンジの役柄の変化
物語冒頭では謎の多いミステリアスなサムライといった雰囲気だったケンジが、 徐々にアメリカナイズされ、 物語後半ではアメリカンジョークも飛ばす茶目っ気あるプレイボーイへと変わっていきます。 西部劇には異端な存在の日本人がアメリカに馴染み、 変化していくその過程は、 まさに異国の地でドラマ撮影している自身の姿とパラレル(同時進行)している感じだったとディーンは語っています。





【作品情報】
「荒野のピンカートン探偵社」(字幕)
原題:THE PINKERTONS
2014年/製作国:カナダ/全22話

■あらすじ
実在する探偵社の創設期、 実際に彼らが解決した事件を題材に描く
ピンカートン探偵社は、 今もアメリカに実在する私立探偵社・警備会社で、 設立は1860年代の開拓時代。
物語は、 アラン・ピンカートンとその息子ウィリアムが史上初の探偵社を創設し、 そこで女性探偵ケイトも働きだすところからはじまります。
アラン、 ウィリアム、 ケイトの3人は、 意見の対立がありながらも、 凶悪事件の真相を明らかにすべきという気持ちは同じ。 それぞれの得意分野を活かしながら、 力を合わせて事件解決に奔走します。 そして、 彼らはブッチ・キャシディ、 サンダンス・キッド、 ビリー・ザ・キッド、 ウィリアムの宿敵ジェシー・ジェームズなど、 伝説的人物たちと対峙することとなり...。

■放送日時
2016年6月予定

チャンネル銀河公式サイトこちら

ディーン・フジオカ関連商品

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  4. 4【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  5. 5【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  6. 6【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  7. 7ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  8. 8間もなく100万回再生!「きみはペット」"エレベーターキス"公開!
  9. 9【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  10. 10【インタビュー】「扶揺」ヤン・ミー 前編「これから刺激な毎日がはじまる...」
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2台湾人気俳優ジェリー・イェン ファンミーティング Jerry Yan Fanmeet...
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  5. 5【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  6. 6【中国時代劇トリビア】第14回「扶揺~伝説の皇后~」中国時代劇に登場する、不思議な石...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  8. 8【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  9. 9ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  10. 10【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事