左から、阿奎(アークェ/Guitar)小玉(シャオユー/作詞作曲・Vocal & Keyboard)方Q(ファンキュー/Bass)

オリジナル楽曲日本語セルフカバーミニアルバム&最新アルバム国内盤同時発売‼
再来日公演も早くも決定!!!

昨年の台ワンダフルやサマーソニックに出演し、多くのC-POPファンの心をとらえた宇宙人。
すでに日本版CDを発売している彼らですが、改めての本格始動が決定しました!

親しみやすい、メロディアスなポップ・サウンドでありながら、ファンク、ディスコ、ソウルなどに精通したクールなセンスがキラリと光る、日本のポップ/ロックファンにも刺さるであろう、台湾ポップシーンの逸材。

ハッピーで心地よい雰囲気をベースに壮大で感動的なサウンドに仕上がったCDを、なんと2枚同時にリリース! さらに、先行で配信されている"もっと遠くへ~Move Forward~" ("往前"日本語ver.)のOfficial Music Videoが、たった今、解禁となりました! 


更なる高みを目指しヒマラヤ登山に挑戦したドキュメンタリー映像からなる、壮大なスケール感の超大作です!
あなたの背中を押してくれるであろう日本語歌詞にも注目して聴いてください。

さらにさらに、東阪2回の再来日公演も決定!

今、日本で熱い盛り上がりをみせている台湾ブーム。
次はカルチャー・音楽も!というムードの高まりは、この先も無視できない動きになりつつあります。
続々と上陸する台湾カルチャーをお見逃しなく!


■リリース情報■
「10000HOURS」
品番:PECF-3162
価格:¥3,000+tax
全11曲収録
発売日:2016年2月10日(水)


「日本語セルフカバー作品集(仮)」
品番:PECF-3161
価格:¥1,800+tax
6曲収録予定(オリジナル楽曲日本語ver.+新曲)
発売日:2016年2月10日(水)


「もっと遠くへ〜Move Forward」(11/25配信シングル)

第二弾シングルも2016/1/下旬配信予定!

■再来日公演情報■
2016年3月4日(金) 東京 原宿ASTRO HALL
2016年3月6日(日) 大阪 南堀江Knave(ネイヴ)
企画・制作・招聘:クリエイティブマン 協力:スペースシャワーミュージック

■宇宙人(Cosmos People)プロフィール■
宇宙人(Cosmos People)は2009年に台湾でデビューした3人組バンド。
抜群の楽曲センスを武器にした、ソウルフルかつクールでメロディアスなサウンドは、彼らの甘いルックスもあいまって、台湾はもとよりアジア各国で多くのファンに支持される。 本国では年間100本以上のライブ活動をこなし、CM/広告にも多数抜擢。
日本では、2014年夏にタイワンダフル、SUMMER SONICに出演し、
同年8月に日本デビューオリジナル・ベストアルバム『Cosmology』(P-VINE RECORDS)を発売。
2015年には大阪・東京で初ワンマンライブを開催、両公演ともに大成功を収める。 2015年12月の台北Legacyライブチケットは10分でソールドアウト。
2016年7月には台北で初の大型ワンマンライブ(3000人キャパ)が早くも決定している。
音楽性の高いパフォーマンス力で観客を魅了。
日本での活動のさらなる飛躍・将来性に注目が集まっている。


宇宙人(Cosmos People)来日ワンマンライブレポートはコチラ!

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「2度目のロマンス」チャン・ハン<前編>「ナンシュエンの成功や挫折を...
  2. 2「輝くか、狂うか」が面白い、5つの理由
  3. 3「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  6. 62018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  7. 7【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  9. 9イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  10. 10【全話ふりかえり vol.5】「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」を全話ふりかえり!
  1. 1【インタビュー】「2度目のロマンス」チャン・ハン<前編>「ナンシュエンの成功や挫折を...
  2. 2「輝くか、狂うか」が面白い、5つの理由
  3. 3【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  4. 4【今月の推し vol.6:イ・ジュンギ】アジア中の女性たちを魅了する、唯一無二のスタ...
  5. 52018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  6. 6イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  7. 7【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  9. 9「2度目のロマンス」あらすじ&キャラクター紹介
  10. 10【全話ふりかえり vol.5】「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」を全話ふりかえり!
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事