現在、BS12で好評放送中の「品位のある彼女」。主人公ウ・アジンを務めたキム・ヒソンが、撮影時のエピソードや共演者、演じたウ・アジンというキャラクターについて語った。

第1回:2018.9.19公開
第2回:2018.9.20公開
第3回:2018.9.21公開

【プロフィール】 キム・ヒソン
1977年6月11日生まれ。10代の時から雑誌やCMモデルとして注目を集め、93年にドラマデビュー。清純派女優として多くにヒット作を生み出すが、結婚・出産を機に休業。12年の「シンイ-信義-」でイ・ミンホを相手にヒロインを生き生きと演じ、華麗に復帰。"韓国最高の美女"と讃えられ、その飾らぬ人柄で老若男女から愛されている。代表作に「悲しき恋歌」(05)、「本当に良い時代」(14)など。

「品位のある彼女」
日本公式サイト http://www.cinemart.co.jp/dc/k/dignity/
BS12作品ページ https://www.twellv.co.jp/event/dignity/

========



― キム・ヒソンさんが選ぶ名場面はどの場面ですか?

毎回本当に見どころ満載でした。もちろん私は自分の演じたシーンもとてもよかったけど、ドラマに登場する全ての助演の方々にもそれぞれのエピソードがあり、私はそれがとてもよかったです。ブランチ会とか、パク・ボクジャの人生とか。そんなストーリーがどれも面白くて...名場面が本当にありすぎなので選ぶのは難しいですね。

― それでは、印象的だったシーンや今も記憶に残っているシーンはどこですか?

周りからサイダーと言われたシーンが記憶に残っています。三者対面のシーンで愛人に対して、ウ・アジンらしいやり方で痛快な行動をとりますよね。コグマ(やられっぱなしの状況でもどかしいことを現している)とかサイダー(コグマだったけどやり返して痛快な気分を表す)とかよく言いますが、あのシーンは本当に核サイダー(核=超とかすごいなど最上級の状況を表す)だと言われました。

世の全ての妻にとって、自分の夫を誘惑する女は公共の敵ですから。そんな公共の敵を言葉で痛快な一発をくらわしたのが、周りから一番ウ・アジンらしくて一番サイダーだったと、痛快だったといわれて、とても印象に残っています。


― 一番大変だったシーンは何ですか?

まずウ・アジンは気を使うべきことが多すぎです。ウ・アジンはパク・ボクジャとの葛藤もあり、夫の不倫に気を使わなければならないし、義理のお父さんの入院している病院にも行かなければならないし、実家に帰って子どもの世話もしなければならないし、お母さんたちの悩みの相談にも乗ります。

ウ・アジンだけが本作に登場する人物たち全員に会うんです。パク・ボクジャは、ギャラリーやブランチ会の母親たちに会うことはありませんよね。ドラマで会うことがないから、一度も一緒に撮影できずに終わった俳優たちもとても多いです。

でも私は、子どもの母親たちに会ったり、パク・ボクジャに会ったり、舅に会ったりして、全ての俳優たちに会えました。しかも、会う度に私の役割は違います。この人に会うときはこう演じるし、パク・ボクジャに会うときはこう演じて...そんなことが後には肉体的にも、精神的にも混乱してしまいました。色んな人たちに会いすぎるから。

― パク・ボクジャ役のキム・ソナさんと共演された感想はいかがでしたか?

17年前くらいに、お姉さん(キム・ソナ)が新人だったときに共演したことがあります。友達関係だったけど、一緒に撮影するシーンがあまりなく、少しだけ息を合わせました。でも、久々に会えてとても嬉しくて。初めて共演する人よりはずっと息が合いました。パク・ボクジャ役になり切ってうまく演じてくださって、私も演じるていて助かりました。


― ウ・アジンはパク・ボクジャをどのように思っていたと思いますか?

私とパク・ボクジャは直接的な葛藤はないです。ただ、この家の嫁として、姑は早く亡くなったし、舅も病院に入院しているから、私がこの家を代表してパク・ボクジャに会うシーンが多かったけど、個人的な恨みは彼女にはありません。ウ・アジンなら彼女をもっと理解できたかも知れないですね。とにかく私はアン家の代表としてパク・ボクジャと葛藤していました。

病気の舅を守らなければならないし、この家のわがままな次男と長男、長女を代弁して戦わなければならない立場なので、パク・ボクジャと葛藤していたけど、実はウ・アジンもパク・ボクジャの人生に対して憐憫というか、同情というか、そういった感情を持っていたかもしれません。こんなふうに出会えなかったら、もっと仲良くなれそうで...。

― 夫役のチョン・サンフンさんと弁護士役のイ・ギウさんと共演されていかがでしたか?

二人とも性格が全然違うんです。サンフンさんはいつもテレビで見ているような、気楽で面白くて愉快な方です。イ・ギウさんは私より年下なのに、とても大人っぽいです。

サンフンさんとギウさんと一緒にいると、むしろサンフンさんの方が年下みたい。ギウさんは背が高いためか分からないですけど、とても頼もしくて、年下なのに大人っぽいです。サンフンさんは私と同じレベルです。(笑)お互いいたずらもしたり、お酒も好きなので、撮影が終わったら一緒に飲みに行ったり。年代も同じでサンフンさんと一緒に撮るシーンも多いですから。

そして二人とも本当に優しいです。相手役をリラックスさせてくれます。俳優同士、相手役をそんなに配慮するのは簡単なことではありません。なぜかというと自分の役もこなさなければならないからです。でも、私が女性だから、二人にたくさん気遣ってもらって気楽に撮影できました。


― キム・ヒソンさんは劇中ほとんどの出演者と共演されましたが、撮影現場のエピソードとして記憶に残っていることがあれば教えて下さい。

私も実際にブランチ会にはたくさん参加しています。それで...共演者でブランチを食べたり夕食を食べたりしました。

長男の妻役で出演したジョンヨン姉さんとは、劇中ではブランチ会のメンバーと会う機会は全然ないですよね。でも皆ジョンヨン姉さんのファンだし、ジョンヨン姉さんもブランチ会のメンバーに会いたいというから、一緒に会ってブランチも食べたり、夕食も食べたり...。

また、ギャラリーの代表役を演じたミュージカル俳優のチョン・スギョン姉さんも俳優たちに会いたいのに、ギャラリーでは私しか会えなくて。だからスギョン姉さんにも連絡して一緒に食事したり。グループチャットルームもあるので、試写会とかお互い嬉しいことがあるときは、一緒に試写会に行くことにしたり。

撮影後も、嬉しいことがあれば皆集まって、誕生日とか、忘年会とか行うと、キム・ミョンゴン先生まで来てくださいます。私たちは本当に家族のように仲良くなりました。ドラマが終わって皆、それぞれ仕事もあるし忙しいですが、時間を割いてみんなで会えるのが嬉しいです。

<第3回へつづきます>


========

【DVDリリース情報】

 

DVD-BOX1&2 好評発売中!
価格:各18,000円+税  全2BOX(各5枚組) 【封入特典】ブックレット ※BOX1&2ともに封入

レンタルDVD<スペシャル・エディション版> vol.1~16(完)好評リリース中!

2017年/韓国/音声:オリジナル韓国語/字幕:日本語/発売・販売元:エスピーオー  
ⓒJcontentree corp. all rights reserved

公式サイト:http://www.cinemart.co.jp/dc/k/dignity/

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「品位のある彼女」キム・ソナ#1
  2. 2ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  3. 3【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  4. 4ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  5. 5みんなの推し韓ドラ★TOP5を発表!KCON2018 #私の好きなエスピーオー韓ドラ
  6. 6「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  7. 7「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャラクター&キャスト紹介
  8. 8ジェリー・イェン 3年ぶりの写真集「感恩十週年」発売決定!
  9. 9【インタビュー】「品位のある彼女」キム・ソナ#2 ※一部ネタバレあり※
  10. 10【イベントレポ】ジェリー・イェンFC10周年記念ファンミーティング@大阪
  1. 1【インタビュー】「品位のある彼女」キム・ソナ#1
  2. 2【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  3. 3「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  4. 4みんなの推し韓ドラ★TOP5を発表!KCON2018 #私の好きなエスピーオー韓ドラ
  5. 5ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  6. 6ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  7. 7中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  8. 8「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャラクター&キャスト紹介
  9. 9<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  10. 10イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事