チャン・ヒョク主演の時代劇「輝くか、狂うか」。韓国では2015年に放送された作品ですが、いまでも日本の多くのチャンネルで放送されるほど人気の作品です。ちょうど、今年の9月末から10月にかけ3つのチャンネルで放送されることになり(TV情報はこちら)、この機会にあらためてこの作品の魅力を総復習してみようと思います。

★「輝くか、狂うか」公式サイト

「輝くか、狂うか」の物語の舞台は高麗初期―。
皇宮に不幸を招くという破軍星の下に生まれた皇子ワン・ソ(チャン・ヒョク)は皇宮を追われ、金剛山で育ちます。


ワン・ソの父、ワン・ゴンは権力争いの絶えない皇宮を建て直すため、金剛山ワン・ソを呼び戻しますが、ワン・ゴン自身は何者かに暗殺されてしまいます―。


父であるワン・ゴン暗殺の犯人を追い、ワン・ソは中原の開封(ケボン)へ。そして、そこで出会ったのが、その地で渤海最後の王女シンユル


(ワン・ソを支えてくれる武士ウンチョン(左)。このコンビがコミカルで良いのです!)


(ヒロイン・シンユル。演じるのは「私はチャン・ボリ!」「オ・ジャリョンが行く」のオ・ヨンソさん)


そこで2人の間に不思議な縁が生まれるのですが、ワン・ソは犯人を捜すという目的を果たすため、互いの素性もよく知らぬまま、はなればなれに...。

(この出会いがまたコミカルでキュンキュン!)


そして時が流れ、5年後。
ワン・ソは腹違いの姉であり、豪族ファンボ家を母に持つヨウォンと結婚。そして、引き続きワン・ゴン暗殺に隠された陰謀を追っていました。ちょうどその頃、シンユルも青海商団を率いて高麗へ。ワン・ソとの再会に胸をときめかせるシンユルですが、ワン・ソは彼女に気付かず...さらに彼が結婚していると知り、すっかり失望してしまいます。


一方、ワン・ソの妻ヨウォンは弟のワン・ウクを次期皇帝の座に就けるべく、密かに陰謀を巡らせていました。しかも...その先には死んだワン・ゴンの従弟で皇宮の支配者、ワン・シンニョムの姿が―。

(弟のワン・ウクを演じるのは、「ああ、私の幽霊さま」での話題のイム・ジュファンさん。ウクはとっても良い人なんですが、ワン・ソ&シンユルの恋にもかかわってくることに...)


(そしてワン・シンニョムを演じるのは、「マイダス」でもチャン・ヒョクさんと共演したイ・ドクファさん。貫禄ありすぎ)


ぜひ続きは、テレビやDVDでご覧ください!

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第7回 20年ぶりの日本、そしてK-POP
  2. 2ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  3. 3【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】最終回 これからの韓流に期待すること
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第3回 将来を模索した時期 通訳大学院時代
  6. 6【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第4回 新たな出会い
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第5回 ついに念願の道へ
  9. 9【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第6回 映画を通じた日韓交流
  10. 10【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第2回 高校卒業後、ソウルへ
  1. 1≪名作ドラマ♡相性診断≫あなたにぴったりの1本みつけます!
  2. 2ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  3. 3【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5【中国エンタメ】リウ・シーシー×ウォレス・フォ主演の超大作「女医明妃伝(原題)」日本...
  6. 6【DVD】「きみはペット」<完全版>セル&レンタルBD・DVDリリース決定!
  7. 7中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  8. 8【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  9. 9【中国エンタメ】フー・ゴー(胡歌)日本で特別貢献賞受賞! 「風中の縁」コメント動画あ...
  10. 10【速報】リウ・シーシー(劉詩詩)&ニッキー・ウー(呉奇隆) ウェディング写真公開!

最近の記事

  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop