―村野さんはどんなことをされてきたのですか?
2015年6月の閉館まで、9年と3ヶ月間シネマート六本木を運営していたんですけど、私自身は、劇場の事務所にいる時と、本社のいる時と、シネマート新宿にいる時といろいろです。残念ながらずっと現場の中心にはいられなかったのですが、いろいろな形でシネマ―ト六本木に関わってきました。

変わらずやり続けていたのは、特集上映や映画祭などの企画物でした。
結局、キネカ大森と変わらないですね(笑)

ひとつ強く印象に残っているのは、オープン当時に開設していた掲示板の書き込みなのですが、「キネカ大森という劇場は、一年間に公開された韓国映画を全部まとめて上映していたので、見逃した作品を観ることができた。あなたたちもそういう劇場を見習いなさい」といったようなお客様からのご要望というか、お叱りです。

その時、「あ~、それ、私なんだけどな~」と。
キネカ大森では「これならお客様が喜んでくれる!」と自信を持ってやれていたことが、劇場の規模が大きくなったら、日々の業務で精一杯になってしまい、身動きが取れない。
自分の実力不足というか、能力のなさを突き付けられました。
支配人に「次これやりたい!」って言って、自分のキャパ+情熱で自由にやれて、色々と失敗から学んで...というところから、会社の一員として4スクリーンある劇場を運営するのは、責任の重さが全然違ったんですよね。


―やりたい事がやりにくくなったんですね?
というか、会社の中で想いを実現していくという力がなかったんだと思います。
ただ、変な自信だけはありました。
「私が楽しいことは、お客様も楽しい」という。

最初にお話ししたように、私はもともと芸術的に映画を観るのではなく、エンターテインメントとして、「かっこいい!」とか「楽しい!」というところから入っているので、お客様の中にも、おそらく自分に近い方がいるのではないかな?と思っていて。
韓国や香港の映画やドラマに出会ったことで、人生が変わったというか、華やいだというか、そんな経験をした人たちが多いのではないかと。

例えば、好きな俳優さんの映画を毎週のように観られたら、嬉しいじゃないですか。
そんなわけで、新作の傍ら、「イ・ビョンホン祭!」とか「カン・ドンウォン祭!」みたいな特集上映をやり続けました。
特集上映によって、繋いでいくといいますか。
お客様の意識もそうだし、映画に対する知識とか、映画体験とか。

  


―9年間の中で手応えのあった上映は何かありますか?
村野:うーん、選べないけど......新作は新作でどれも大事だし......初日の緊張感とかも。
韓国の特集上映だと、印象的だったのは『チャン・グンソク祭』ですかね。1人の俳優さんが日本で大ブレイクする過程を見たという点で。
たまたまなんですけど、特集上映もやり尽くして「次はどうしよう?」という時に、『楽しき人生』とかを配給していたこともあり、「チャン・グンソクやろうかな?」と。それで調整していたら、上映するころには大爆発していて。今までうちなんて見向きもしてくれなかったマスコミから、ドカドカ問い合わせがきました。新作でもないのに(笑)

嬉しかったのは、ファンの方が特集に合わせて、お花とかバルーンのスタンドを送ってくれることですね。あとは初日とかにロビーがオフ会の会場みたいになる。
「あ、みんな楽しんでくれているんだ。続けていかないと」と背中を押してくれました。

劇場がファンの方の集合場所であればいいなと。
そういう意味で、パク・ヨンハさんのフィルムコンサートを続けたということもあります。
  

バースデーに合わせて特集上映をしたときに、お祝いメッセージの撮影をしたことも思い出深いです。たとえば、チャン・グンソク祭とか、カン・ドンウォン祭とか、イ・ジュンギ祭とか。ロビーに設置したカメラの前を通過する時に、ファンの皆さんが「お誕生日おめでとう~」とかショートメッセージを残す。ただそれだけなのですが、ほんの数秒のために皆さんが思い思いのグッズを作ってきたりとか、お揃いのTシャツを着てきたりとか。楽しそうに参加して下さったのが嬉しかったです。

  

あとは、チュ・ジフン祭の情報が韓国でもニュースになって、チュ・ジフンさんの方からファンの皆さんへコメント動画を送って下さるというミラクルな出来事もありました。『私は王である!』の撮影現場からでした。これはもうびっくりでした。

邦画の特集だと、ATG特集が思い出深いですね。
ATGの歴史を勉強するところからでしたから。

あとは、永瀬正敏さんの特集です。
このために永瀬さんご自身が特別映像を作って下さったり、ゲストに来てくださったり。
今でも信じられないです。

  


―香港映画とかはどうですか?
個人的なところですと、イー・トンシン監督という香港の素晴らしい監督がいるんですけど、他社さんから『プロテージ/偽りの絆』(2007)のDVDが発売になると聞いて、そこから権利を取ってもらい初公開しました。合わせて、権利が切れていた作品などを香港と交渉して、『つきせぬ想い』(93)など旧作も上映しました。いい経験になりました。

  


私がこの仕事を始めるうえで夢に描いていたのが、『男たちの挽歌』特集と、ウォン・カーウァイ特集でした。理想とはちょっと違う形でしたが、どちらも実現することができました。特に『男たちの挽歌』は『香港電影天堂SPECIAL』という特集で上映したのですが、東日本大震災の直後だったので、エンタメが力になれることがあるのかとか、悩みながら開催したという思い出があります。

  

その他、東南アジアとか今まで知らなかった国の映画に触れる機会が作れないかな?という思いもあり、シンガポール映画祭や、アジアンクィア映画祭に劇場を使っていただいたりしました。劇場で上映する事によりその映画祭にお客様が集まりやすくなればいいなと。
お力になりきれなかったところはあると思いますが......

  


  • 1
  •  
  • 2

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  10. 10『The Witch/魔女』名古屋での上映が決定!
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  5. 5【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  6. 6【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事