私の履歴書~Profile No.3~

通訳のヨン・ジミ氏からの紹介で、映画監督・行定勲がシネマートに登場!
劇場公開デビュー作「ひまわり」が、第5回釜山国際映画祭批評家連盟賞を受賞して以来、釜山映画祭に足繁く通い、韓国映画人との交流を深められています。
韓国、中国との合作経験も持ち、「アジアの映画人」を目指す行定監督が、「韓国との出会い」について余すところなく語って下さいました。
現場にいたスタッフ全員が魅了された、ユーモアと映画への愛が溢れるトーク。見れば必ず、行定ファンになってしまうロングインタビュー、必見です。

・・・・・

―釜山国際映画祭に非常に思い入れがあると過去のインタビューで拝見しましたが、韓国との最初の出会い、監督として最初に韓国に出会ったきっかけは?

劇場デビュー作だった「ひまわり」という映画を撮った時に、ヨーロッパの映画祭にも見てもらったんだけど、どこもだめで。釜山国際映画祭がニューカレント部門という唯一、若手のコンペをやっていて、初監督から3作目までだとノミネートされるので、そこで上手くエントリーされました。ちょうど文化交流がはじまってから数年たった頃の第5回目の釜山国際映画祭で、初めて釜山に行くようになったんです。

そこで思いがけず国際批評家連盟賞を頂きました。スタッフはみんな「どうせ賞なんか取れないだろう」と日本に帰ったんですが、僕は新人だし「監督は最後まで残っていてください」と言われたので、結果1週間いることになったんですよね。

その1週間っていうのは、僕にとってものすごく人生を変える1週間でした。
釜山映画祭そのものが、カンヌのようなリゾートでやる映画祭ではなく、まだ街の裏路地を使って、ゴザを敷き、夜中から朝まで酒を飲みながら映画人が交流するような映画祭でした。

その映画祭の雰囲気がすごく良くて、そこで沢山の人と知り合ったし、いろんな国の映画監督と出会って、撮った写真が何十枚もたまって、のちにコレクションになりました。

例えばキム・ギドクさん。
彼は当時すごく「変わった監督」というイメージ。じゃあどんな作品を作ってるのか見てみようということで、チケットをもらって「悪い男」を見に行きました。非常に残酷ではあるが、メランコリックな部分もあるラブストーリーに、僕はすごく影響を受けた。それ以降、お互いの映画を見るようになって、長年の友人になりました。彼の家に泊めてもらったり、長いこと個人的な付き合いをしていますね。

なぜかわからないけれど、彼は僕のことを慕ってくれて、日本に来る時は必ず連絡をくれるんです。だいたい通訳の根本理恵さんから電話があって、「ギドク監督が××ホテルに泊まっているみたいなので、夕方5時にロビーに来てください。もしその時に来られなかったら諦めます。。。と言ってます。」という。それが夕方4時にかかってきて、「ちょっと待ってよ!1時間しかないじゃないか!?」と慌てて、5時5分頃にホテルに着くともう誰もいない。と思うと、向こうから笑いながらやってくるっていう感じです。

当時、彼は携帯も持ってなくて、根本さんに間に入ってもらっていたけど、もし彼女が来られないとなると「俺たち何語で話せばいいんだ?」となる。僕は韓国語がわからないので、下手な英語で何時間も喋ったりして。

僕は韓国、台湾の映画人と性が合うっていうか。彼らが言っていることや悩んでいること、直面していることが良く分かる。お互いにいい映画を撮ったら嫉妬もするけれど、どこかで応援してあげられるような関係でいられる。影響を受けるし、素直にしゃべれるんです。言葉や表情や触れる空気からお互いのコンディションや状況がわかる。


―他にも写真を撮られた監督はいらっしゃるんですか?

フルーツ・チャンとか。彼が若手で作品を連発していた頃に出会った。金馬奨とか他の映画祭で出会ったりすると、「釜山で会ったよね」となる。

釜山映画祭の何がすごいかというと、ヨーロッパほど格式高くなく、参加者をものすごく持ち上げるでもなく、むしろ放置して自分で楽しまないとダメという雰囲気が中にあって。ただ人々の交流の垣根が無いんです。

「韓国は酒飲み文化」だと言うけれど、本当にケンカもするし、朝方まで飲んで翌日には全て忘れている。酒を飲まない僕と付き合ってくれたという意味でも韓国はとっても良かった。
日本に比べて、僕の作るものに対してのレッテルがないですね。この人はこういう出身で、こういう流れがあるから、という先入観がない。キム・ギドクも韓国でいろんなことを囁かれてレッテルを貼られている。でも日本はそうじゃないので、彼は日本の評価をすごく頼りにしている。

作り手は評価にひるんでしまうものだけど、釜山国際映画祭で観客に見せること、選ばれること、評価されることは正当な感じがするし、映画祭が観客を育てているというのが明確であり、そこが釜山国際映画祭を信用できる点ですね。

―今はだいぶ洗練された形になってきてると思うんですけどね。

学生が釜山国際映画祭に行く場合、そのために欠席する授業が出席扱いにされると聞きました。それは芸術高校だけでなく、普通の学校も含めてそういう学校があると。それほど釜山国際映画祭は、今後の韓国のあり方・方向性みたいなものを含めて、国が認証した形で応援している。明らかに日本とは違いますよね。そうするとやっぱり観客も育つ。観客たちも、何かここで得ようというのが明らかで、Q&Aでも手の挙がり方が半端じゃない。

例えば「春の雪」という映画で、妻夫木聡を連れて行ったとき、彼はものすごい人気だったので、女の子たちから「妻夫木さんは好きな人がいますか?」みたいな質問がくるのでは?と思っていた。司会者が指名した人がどう考えても妻夫木への質問だろうと思っていたら、監督の僕への質問だった。
質問者はまず「この映画のいいところは~~」と自分の感想を言って、それに対して他の観客が賛成だと拍手だし、変なこと言ったらブーイングだし。

―すごいんですね。皆さん、ストレートに表現して。

「最後まで話を聞いてくれ!」といった風に、みんな最後まで語りたいし、監督に聞いてもらいたい。妻夫木のファンとしてここに来たけど、自分の意見や見方、感想、その真相を監督に聞きたい。そういうのが、今まで僕らが思っていたスターへの質問とはまったく違う。そういうところが新鮮だった。
チョ・インソンと妻夫木は、以前に何かのインタビューで会っていたらしいんですが、釜山で再会を果たして。僕はそこでチョ・インソンという役者を知った。彼も日本語が少し出来て、僕の映画に出たいとか話しましたね。
「バリでの出来事」をちょっと見たことがあるんですが、最終回がとんでもない変なドラマでしたね。

―韓国ドラマ史上最も衝撃的なエンディングという。

「なぜこうなった?!全員死ぬ」という衝撃的なエンディングでした。
当時夜中にやっていた「バリの出来事」をうちの脚本家が面白いと言っていて。
途中から見たんですけど、最後が本当に驚く展開で。チョ・インソン君とはもう会っていたんだけど、彼が出ていることを知らなかったんです。

妻夫木聡は釜山国際映画祭に行ったことで、ホウ・シャオシェン最新作の「黒衣の刺客」に出演するきっかけにもなった。というのは大袈裟かもしれないけど、最初に出会った場所は釜山です。

釜山は映画祭自体が映画人との出会いになることで、アジア最大の映画祭になったんじゃないかな。

  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 16/24(土)『ラスト・プリンセス -大韓帝国最後の皇女-』公開記念トークイベント決...
  2. 2【DVD】「きみはペット」<完全版>セル&レンタルBD・DVDリリース決定!
  3. 3「イタズラなKiss」主演キャストよりコメント到着!&来日イベント内容一部発表
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5入山法子×志尊淳「きみはペット」放送&配信日決定!ポスタービジュアルも公開!
  6. 6ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  7. 7【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  8. 8中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  9. 9「太陽の末裔(原題)」 ソン・ジュンギ×ソン・ヘギョ主演作 6月日本初放送決定!
  10. 10【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  1. 1【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第1回 東京生まれの日本育ち
  2. 2【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第2回 高校卒業後、ソウルへ
  3. 3【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第3回 将来を模索した時期 通訳大学院時代
  4. 4【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第4回 新たな出会い
  5. 5【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第5回 ついに念願の道へ
  6. 6【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第7回 20年ぶりの日本、そしてK-POP
  7. 7【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第6回 映画を通じた日韓交流
  8. 8【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】最終回 これからの韓流に期待すること
  9. 9【DVD】「きみはペット」<完全版>セル&レンタルBD・DVDリリース決定!
  10. 10【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...

最近の記事

  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop