2月28日(日)、東京・山野ホールにて、「ヒーラー~最高の恋人~」のDVD購入者を対象としたイベントが開催され、800名のファンの前に、主演のチ・チャンウクが登壇しました。もちろん場内は満席です。

照明が暗転し「ヒーラー」の映像が流れ、その後テーマ曲に切り替わると、MCより先に突然チ・チャンウクが登場! 会場からは大歓声が上がります。
まずは簡単にご挨拶。そして手を振ります。歓声が大きくて通訳が聞こえません。
白いTシャツに、薄い水色のスーツを着こなしているチャンウクさん。
明るい茶色のクシュクシュっとしたヘアスタイルで、前髪は劇中同様に下ろしています。

MCが「ヨンシンさんがたくさんいますね」と言うので客席を見渡すと、確かに、パク・ミニョンさん扮するヒロインと同様、白いニット帽を被った女性がたくさん!
皆さんやっぱり、あのシーンにキューンとしたんですねぇ。そう、あの初雪のシーンです!
(実際は初雪かどうかわかりませんが、あの展開は初雪だと思いたい!)

今朝一番の飛行機に乗って、12:00に日本に着いたばかりというチャンウクさん。
忙しいスケジュールの合間を縫っての来日ですが、「風邪も花粉症も大丈夫」とのこと。

今日のイベントに関しては、
「韓国の放送が終わってちょうど1年ですが、撮影中は幸せで楽しい時間を過ごせました。1年経ってこのドラマを改めて思い起こすことができて、すごくありがたいです」
「実は僕はDVDを買っていません」という茶目っ気に、通訳より先に会場から笑い声が起こります。
「僕自身がDVDを買っていないのに、こんなにたくさんの皆さんがこの作品を愛してくださっているので、改めて感謝の気持ちを伝えたいです」

ここでチャンウク氏自ら、ドラマの内容を端的に説明してくれました。
「「ヒーラー」は、スタート部分は人間関係が複雑で分かりにくいと思いますが、進むにつれてムンホ、ジョンフン、ヨンシンの3人が色々な形で関わり、色々な事件、事故に巻き込まれていき、その中で愛情が目覚めていくというドラマです」

チ・チャンウクさんが演じるソ・ジョンフンの本業は「闇の便利屋」。コードネームはヒーラー。
彼が惹かれてゆく女性記者チェ・ヨンシンに、「シティ・ハンターin Seoul」のパク・ミニョン。そして彼女が憧れるスター記者キム・ムンホにユ・ジテという豪華共演。複雑な運命に導かれるように出会った3人の物語が、映画並みの華麗なアクションや、史上最強級の胸キュンシーンを交えながら、スピーディーに展開してゆく傑作ドラマです。


続いては、そんな本作の見所を紐解くトークタイムへ。
〈チャンウク氏のちょ~カッコいい♡ヒーラードキドキ名場面〉のコーナー!

名場面その1:変装シーン!

スクリーンに流れた映像は、ドラマ序盤、ある任務中に次々と変装を変えながら「闇の便利屋」の仕事を解説してゆく、自己紹介ともいえるような場面です。テンポのいい見事な七変化シーンですよね!

-このシーンだけでも、配達員、清掃員、白衣の研究員、ラフな服装と4つ。衣裳を合わせて髪型も整えて、でもこんなに短く編集されてしまうわけですよね?
「あ~(笑) このシーンは1日で撮らなければならなくて。それぞれの服装に合わせて髪型を変える必要がありましたが、さらにこの日は別の公演と重なっていて、すごくバタバタして緊張した日でした。「あの日々」というミュージカルの公演でしたが、ミュージカルも、放送に間に合うように撮影することも大事な「約束事」です。ふたつともやり遂げなくてはいけないのですが、それには時間があまりにもタイトで、ほんとうに緊張し、祈りながら撮影していました。
ただ、バタバタでしたが、一方でとても楽しみながら撮影していました。このシーンで色々なことが見せられるので、ワンテイクで監督からOKが出たのですが、恐れ多くも「もう1回いきましょう!」という言葉が自然と出ていました。監督もスタッフの方々もこの撮影が早く進むように気遣ってくれて、ミュージカルにも間に合うことができました」
そしてまた茶目っ気たっぷりに「僕も立派に演技したからね、ハハハ」と付け加えました。

か、かわい過ぎるぞ。
トーク中何度も見せてくれた笑顔や、マイクを持ったまま指をピンと伸ばしてパフパフパフと拍手する姿が、たまらなく可愛い。もう確信犯としか思えません!

特に今回のイベントで意外だったのは、チャンウクさんが饒舌なこと。
DVD特典にある記者会見映像などで記者の前で話す彼は、少し慎重なお仕事モードの印象でしたが、このイベントでは、生き生きとたくさん語ってくれました。
ファンの皆さんと「ヒーラー」の話をすることが楽しくて仕方ないといった感じで、見ているこちらもウキウキしてしまいます。チャンウクさんの「ヒーラー愛」が伝わってきましたよね。

続いて、警察官、デリバリーボーイ、そしておかっぱメガネのオタクくんの画像が映されると、会場が沸きます。このおかっぱメガネくん、実は評判がよく、「僕自身、(頼りない新米記者に扮した)パク・ボンスと肩を並べるくらい好きなキャラクターです」と笑いながら答えていました。

さらに、前髪をアップにした正装姿(これ抜群にかっこいいですよね!)、ヘッドホンをした今時の若者風から、最後は上半身裸のサービスカットが映されます。露出については、
「身体を露出するのは慣れないし恥ずかしいです。たくさんの方が見るので鍛えなくてはいけないし、食べることが大好きなのに食事制限をしないといけない。でもこうやって映像を観ると、僕はちゃんと鍛えたんだなと思います(笑)」
またも自画自賛です(笑) しかし...

「この時より今の方がずっと、趣のある身体になっています。より人間的で、自分で見ても情が沸く体つきです」
とまあ、これまたユーモアたっぷり。

名場面その2:華麗なアクションシーン!

襲われたヒロインを守るため、体操の鉄棒競技のようなアクションで戦うシーン!
このアイディアには、目の肥えたアクションファンも唸るはずです。

-最初は弱いフリをしていますが、難しくないですか?
「殴られているフリをするシーンですが、台本では簡単に説明されているだけで、映像にするのは難しかったです。今モニターで観ると、ちょっと残念な気もします」

そしてMCが、「今は趣のある身体になっているということですが、ステージには空きスペースがありますね...」と、アクションの実演を求めると、すっくと立ち上がって下手に移動。歓声の中、ファンの期待に満ちた視線が注がれます。
ここで「燃えよドラゴン」のテーマ曲が流れ、チャンウクさんがパッとジャケットを払うと、白いTシャツの下に盛り上がった胸板が。趣のある身体は謙遜ですね。さあ、どんなアクションを見せてくれるのでしょう。飛び跳ねたり首を回したりして、ウォーミングアップをしたチャンウクさんが「ハー」と気を込めて繰り出したアクションは......かめはめ波......。
思わず笑ってしまいます。

「これは、「ヒーラー」で是非やってみたかったのですが、採用されなかったアクションです。高難度のアクションなんですよ」と笑いを取るものの、物足りないからとアンコール。すると上手のファンから「次はこっち!」とリクエストの声がかかり、チャンウクさんは快く移動。再び音楽がかかる中、準備運動し、最後に繰り出したのは......またも、かめはめ波......。
ヒーラーの華麗なアクションは見られませんでしたが、まあ面白かったので良しとしましょう。

チ・チャンウク関連商品

  • 1
  •  
  • 2

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  10. 10『The Witch/魔女』名古屋での上映が決定!
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  5. 5【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  6. 6【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)

最近の記事

  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000