第1回 出会い・シネマライズ編
第2回 キネカ大森編

―そうだったんですね......
村野:そうすると、もともと映画ファンではない、アジア映画しか知らない私がいても、役に立たないというのもあるじゃないですか。
そんな時にSPOが映画館を作るらしいと聞いて。

―SPOはいつからの入社だったんですか?
村野:シネマート六本木のオープンが2006年3月だったので、その準備段階からですね。

当時、東京の片隅の大森から見ていて、SPOはすごく勢いがあるように思いました。こっちはこっちで特集上映をしたりとか、なんとか"アジア映画専門館"として踏ん張っていたわけですが......

そこをドカン! と、大逆転される出来事が2005年にありまして......

―そういう見方をされていたんですね(笑)
村野: 2004年にイ・ビョンホン主演の『純愛中毒』という韓国映画が大ヒットするんですよ、SPOが手がけた。
その後2005年になって『韓流シネマ・フェスティバル』という映画祭をやる訳なんですね。
当時、私がキネカ大森でやれたのは旧作を集めた特集。
ところが、SPOはなんと、全部新作でやると(笑)
そして毎日噂話を聞く訳なんですよ。「劇場溢れているらしいよ」とか「上映期間が延びた」とか「アンコール上映やってるよ」とか。「韓フェス」と「SPO」の話題で持ちきりだったんですよ。

  

  

  


―当時の勢いはすごかったですからね
村野:その時は「キー! SPOめ!」と思っていたんですよ(笑) 正直、面白くなかった(笑)
完全にジェラシーです。でもそのSPOが映画館をつくる、しかもアジア映画専門の劇場だと聞いて「あれ?」と思って(笑) 「がっつりアジア映画を上映する劇場で働きたい!『韓フェス』やりたい!」と思ったんですね。
キネカ大森にはものすごく愛着もあったし、お客さんとも一緒に旅行に行くくらい仲良くなったりもしていましたが、ちょうどアジア映画を上映しなくなっていたので、「ここで辞めても裏切り行為ではないはず」と気持ちを納得させて、SPOに入社しました。
そしてシネマート六本木のオープンが2006年の3月だったんですけど、これがまた、
大変でしたね。

―オープンまでの準備期間に何かあったんですか?
村野:多分、人生で一番大変だったんじゃないかな?(笑)
会社自体が、映画館を始めて作つくるわけで。
私も、映画館で働いていましたといっても、アルバイトなので。だから本当に手探りで。その上、不測の事態が起きていくわけなんですよ。
例えば、スクリーンを張るタイミングでトラブルがあってしばらく工事ができなかったり。どんどん工程が遅れていったんです。

ただ、こけら落としの『韓流シネマ・フェスティバル2006』は決まっているので、数日間で全作品のテスト試写をしないといけない。当時はまだ35ミリフィルムの時代でしたから、映写がフィルムをつないだら、夜中にテスト試写をする。でもヘトヘトだから眠っちゃう。そうするともう1回観ないといけない。なので、1作品ごとに担当を決めて2人体制にしたり。それでも、チョ・インソンの『ラブ・インポッシブル』なんて、3回はテストした気がします。どんなに韓流スターがかっこよくても、アジア映画愛があっても、もう無理です~って感じでした(笑)

  • 1
  •  
  • 2

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  5. 5「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8『The Witch/魔女』名古屋での上映が決定!
  9. 9【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  10. 10【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  5. 5【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  6. 6【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事