自分なりにまとめてみたのですが、ドラマがどういう風になるか楽しみですね。

参考にさせて頂いたのは、普段色々と韓国の歴史について教えて頂いている康煕奉(カン・ヒボン)先生の文章です。

最新刊:『韓流スターと兵役 あの人は軍隊でどう生きるのか』


先生の許可を得て、以下に文章を掲載させて頂きます。

―――――――――――

良妻賢母の鑑「申師任堂」

出典元:「知れば知るほど面白い 朝鮮王朝の歴史と人物」(実業之日本社)

韓国の紙幣で肖像画になっている人物を見ると、千ウォン札が李退渓(イ・テゲ)、5千ウォン札が李栗谷(イ・ユルゴク)、1万ウォン札が朝鮮王朝4代王の世宗(セジョン)である。さすがに韓国は儒教の影響が強い国で、前者の2人は朝鮮王朝時代の儒教の大家だ。

以前まで最高額の紙幣は1万ウォン札だったが、もっと大きな高額紙幣の必要性が叫ばれ、2009年から5万ウォン札が新たに作られることになった。そうなると、世間の話題を集めたのが「誰が肖像画になるか」ということだった。

著名な名将や独立運動家などが候補に挙がったが、最終的に採用されたのは、朝鮮王朝時代に良妻賢母の鑑と言われた申師任堂(シン・サイムダン/1504~1551年)だった。日本では樋口一葉が5千円札の肖像画になっているが、韓国では紙幣の肖像画にふさわしい女性として16世紀に生存した女性が選ばれた。この人選に誰もが納得したというほど、韓国でも申師任堂は特別な存在だ。

彼女は幼い頃から絵画の天才だった。

7歳のときに有名な絵師の山水画を模写したが、実物を上回るほど出来が良かったと言われている。

周囲の大人たちは心から驚いたが、申師任堂は平然と言った。

「写すだけでは満足できる絵は描けません」

天才は幼少の頃から言うことが違う。

申師任堂が描く鳥や動物は、本当に生きているかのようだった。あるとき、彼女は虫を描き、その絵を庭で乾かしていたところ、ニワトリが本当の虫と勘違いして食べようとしてしまった。生きている虫と間違えられる絵とは、どれほど躍動感にあふれていたことだろうか。

絵画と詩歌で才能を発揮した女流芸術家の申師任堂。結婚したあとは、生活が苦しかったが、節約と工夫で7人の子供たちに不自由な思いをさせなかった。また、夫の李元秀(イ・ウォンス)に対して内助の功を見せた。

「科挙に合格するまで絶対に帰ってこない」

そう決意して夫が都に旅立ったことがあった。しかし、舌の根も乾かないうちに挫折して戻ってきてしまった。

情けない夫を前に、申師任堂は裁縫箱からハサミを取り出した。

「あなたが約束を守れないと言うなら、この世に未練はありません」

そう言って、ハサミで自らの命を断とうとした。驚いた李元秀は、まず妻に詫び、自らの甘さを恥じた。そして、改めて決意を固めて都に向かい、今度こそ科挙に合格するまで帰ってこなかった。

本来なら、好きな芸術をとことん究めたかったはずなのに、申師任堂は自分の欲を抑えて、親孝行と内助と教育に人生を捧げた。

死期が迫ったのは47歳のときだった。

彼女は夫にこう頼んだ。

「私が死んでも、あなたは絶対に再婚しないでください」

この願いは当時として異例だった。妻に先立たれた夫は新しい妻を迎えるのが一般的だったからだ。

申師任堂は子供たちの将来を考えていたのだ。子供が継母とうまくいかない例は山ほどあった。

実は、申師任堂の三男は冒頭で名前を出した李栗谷である。16歳で母と死別し、あまりに悲しくて僧侶になろうとした。しかし、母から教わった学問を生かす道に進みたいと思い直し、儒学の大家になった。

つまり、申師任堂は親子で紙幣の肖像画になっているのだ。世界でも非常に珍しい例ではないだろうか。

―――――――――――

これからもおりにふれて、「日中韓台が身近に感じられる文章」等を投稿させて頂きたいと思います。

宜しくお願いします。

  • 1
  •  
  • 2

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  2. 2「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  3. 3ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  4. 4<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6成都新聞インタビュー:ティファニー・タン「心を広く持つことで、気にならなくなる」
  7. 7ウォレス・チョン×アーロン共演作「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」DATV...
  8. 8【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  9. 9<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #31~40
  10. 10<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #21~30
  1. 1ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  2. 2「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  3. 3中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5ウォレス・チョン×アーロン共演作「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」DATV...
  6. 6<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  7. 7日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  8. 8【全話ふりかえり vol.6】「私の妖怪彼氏」を全話ふりかえり
  9. 9ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  10. 10【インタビュー】「シグナル」イ・ジェフン #1「だからこそ、出演したかった」
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事