ハン・ソッキュ×コ・ス×パク・シネ×ユ・ヨンソク!
朝鮮王室の衣装を手がける尚衣院(サンイウォン)を舞台に、新旧デザイナーの美をかけた対決を描く、絢爛豪華な宮廷歴史大作! いよいよ11/7(土)より公開!

尚衣院とは、李氏朝鮮において王宮内に設置された、王室の衣服を製作、管理していた官衙のこと。まったく韓国は、ドラマや映画の題材に事欠かないなぁと、まず感心してしまいますね。


この尚衣院で、王の信頼を得ていたドルソク(ハン・ソッキュ)は、その功績が認められ、間もなく両班となることが約束されていました。貧しい出自で字も読めない彼は、幼い頃から手がボロボロになるまでに裁縫に励み、規則と伝統を重んじる生粋の職人としてキャリアを積んできたのです。


そんな折り、あるトラブルをきっかけに、王妃(パク・シネ)は街で評判の若き天才仕立師ゴンジン(コ・ス)を呼び寄せます。彼の作る革新的な衣装はたちまち王宮の人々の心を掴み、彼はドルソクの下で働くようになります。ゴンジンの才能に畏怖を感じながらも、その人柄に惹きつけられるドルソク。そこには同じ職人としての共鳴と、価値観は違えども互いに切磋琢磨できる才能に出会えた喜びもあったのでしょう。


一方、王宮では後継者不在による危機感が高まっていました。王(ユ・ヨンソク)は王妃に心を奪われながらも、複雑な心の傷が原因で指一本触れることが出来なかったのです。やがて王は側室を迎え入れます。王宮で孤立してゆく美しい王妃を救いたい一心で、ゴンジンは王妃のためにこの世で最も美しい衣装を仕立てます。しかし、越えてはならない一線を越えたことから、ある陰謀に巻き込まれてゆくのでした...


どちらかというとシリアスな役が多かったコ・スが、この若き天才仕立師を茶目っ気たっぷりに生き生きと演じ、新たな魅力を開花させています。ゴンジンのデザインに魅了された人々と同じように、彼の活躍に心が浮き立つようです。(とはいえ、『白夜行』『高地戦』『超能力者』はやっぱり好き)
そして、ハン・ソッキュ。威厳のあるベテラン職人が、若い才能と出会い、それを認め導きながらも最後は嫉妬に飲み込まれてゆく姿を、力むことなく、しかし圧倒的な説得力を持って演じています。

  • 1
  •  
  • 2

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  2. 2【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  3. 3【中国時代劇"〇〇男子"を考える】第4回:ありのままの君が好き!包容力抜群のスーパー...
  4. 42018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  5. 5【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  6. 6【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  9. 9【名優チャン・ヒョク特集】「ありがとうございます」スペシャルコメント
  10. 10「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  1. 1【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  2. 2【インタビュー】「花と将軍」マー・スーチュン<1>「強い自信があるから、躊躇しちゃだ...
  3. 3【インタビュー】「花と将軍」マー・スーチュン<2>「現代女性の魅力を持っている」※ネ...
  4. 4【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  5. 5【イベントレポ】ナム・ジュヒョク&イム・ジュファン登壇!「ハベクの新婦」ドラマイベン...
  6. 6「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  7. 72018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  8. 8【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ション・イールン(盛一倫...

最近の記事

  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000