いや~面白かった! 可愛かった!
人間より先にCGのモンスターが登場するのですが、これがプクプクしているし、全然怖くないし。
子供だったら完全に心鷲掴みです。ハリウッドを向こうに回し、堂々のクオリティ。
と思ったら、監督のラマン・ホイ(シュー・チョンイー)はドリームワークス出身なんですね。なるほど、なるほど。

この作品が大ヒットしているよ~というのは、7月のニュースで紹介していますが、
この記事以降の状況としては、最終的には洋画を含む中国歴代興収のNo.1を獲得。興収は約487億円!ということで、数字的には、"全然可愛くないモンスター"級となっています。

ただ、先のニュースにもあるように、撮り直しによる製作費の増加により、後にヒットした『煎餅俠』に比べて、製作サイドに残る純利益は低かったという分析もあったようです。


さて、タイトルからすると人間によるモンスター退治のお話で、結構激しい対立シーンがあったりするのかなぁと思っていましたが、全然そんなことありません。もちろん闘うんですけどね。

古代、人間と妖怪は共存していたが、やがて対立するようになり、妖魔ハンターによって、人里に下りてきた妖怪が退治されていた。永寧村の若き村長テンインは裁縫と料理が得意な、男としてはちょっと頼りない青年。その彼が妖怪に狙われたところを、女ハンターのシャオランが助ける。その妖怪たちの中には身ごもった皇后がいたが、敵の妖怪に襲われた皇后は、卵をテンインにのみ込ませ絶命。やがてテンインは妖怪の子フーバーを産み、シャオランとともに子育てに奮闘する。順天府に到着したふたりは、一旦はフーバーを手放すが、人間に食べられようとしているフーバーを救出するため登仙楼に乗り込む。しかし彼らの前に、人間に化けていた妖怪グーが立ちはだかる。果たして、妖怪退治の闘いやいかに......

というストーリーが、笑いあり、涙あり、ミュージカルシーンありと、テンポよく進行していきます。
主演は、クー・チェンドンの残念な不祥事によりバトンを受け継いだジン・ボーランと、バイ・バイフー。で、その他のキャストがまたすごかった!
まず、皇后を護衛する妖怪に、エリック・ツァン、サンドラ・ンが登場! すかさず客席からは笑いが起こります。さらにこの二人が歌っちゃうもんだからもう...(笑)
続いて何かと邪魔をしてくる妖怪ハンター役にジャン・ウー(姜武)。
麻雀好きの女将にタン・ウェイ(湯唯)! ここでも客席がざわつきます。
最後の妖怪にウォレス・チョン(鐘漢良)、テンインの祖母にエレイン・ジン(金燕玲)、妖怪料理の名人にヤオ・チェン(姚晨)といった具合です。

さらにスタッフも錚々たるメンバー。製作に「レッドクリフ」のビル・コン(江志強)、脚本に「ファイヤー・ストーム」のアラン・ユエン(袁錦麟)、美術監督に種田陽平、コスチュームデザインにイー・チョンマン(奚仲文)らの名前が。

モンスターの中では特に、大根みたいな赤ちゃん妖怪のフーバーが可愛くて可愛くて、無性に抱きたくなります。夕飯はお鍋にしようと思っていたのですが、大根買えませんでした。これからの季節、困りものです。グッズがあったら買ってしまいそうな勢いです。
大人も子供も楽しめるモンスター映画なので、日本語吹替版があったらいいのに、と思いました。

本作が伝えたいことは、おそらく「共存」。
人間でも妖怪でも、違う民族でも、ひとりひとりは良い奴だし、「情」だって沸くし、そうなれば闘いなんて無意味だよね。そんな未来への希望を思わせる素敵なエンターテインメントムービーでした。(文:村野奈穂美)


-----------------------------------------------------------
「モンスター・ハント」 原題:捉妖記 Monster Hunt (2015)
大ヒット!中国の怪しくも可愛い妖怪ワールドへようこそ
監督:ラマン・ホイ(許誠毅)
主演:バイ・バイフー(白百何)、ジン・ボーラン(井柏然)、ジャン・ウー(姜武)
2015東京・中国映画週間『モンスター・ハント』作品ページ

■関連記事
【中国エンタメ】歴代最高興行収入の中国映画―『捉妖記』(モンスターハント(仮題))
【中国エンタメ】中国映画『煎餅俠』(せんべいマン)が10億人民元突破
【きゅんとあじあ】 2015東京・中国映画週間 エディ・ポン主演『君といた日々』
【きゅんとあじあ】2015東京・中国映画週間 「ひだりみみ」 ヤン・ヤン(楊洋)も出演!

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「花と将軍」がプラスエネルギーを伝達する。マー・スーチュンが誕生日にマー・スーチュン...
  2. 2【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 42018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  5. 5「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  6. 6【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  7. 7驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  10. 10【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 82018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  9. 9「花と将軍」がプラスエネルギーを伝達する。マー・スーチュンが誕生日にマー・スーチュン...
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事