「長嶋茂雄」

パッとこの人名を見て、背景に何が思い浮かぶだろうか。
おそらく日本人の99%の人が「読売ジャイアンツ」、広く言うと「プロ野球」だろう。
選手時代の全盛期を知ってる知らない、プロ野球に興味があるなし、
もっと言うと好き嫌いに関わらず、多くの人がそう認識しているはずだ。
幼児はともかく、名前すら聞いた事ない人がいたら奇跡だ。

そんな長嶋さんと言えば数々の伝説(名言)を語らずにはいられない。

まず僕自身、長嶋さんの現役時代を知らない。
物心ついて野球に興味を持ち始めた頃には既に引退されていた。
なのでリアルタイムでの認識としては「巨人の監督」のほうが印象が強い。
その頃の僕は強烈なアンチ巨人となっているのだが、現役時代の偉大な成績はもちろん、
そのカリスマ性・明るいキャラクター性も含めて長嶋さんは大好きなのである。

さて、多少都市伝説と化しているものもあるかもしれないのでその真相はともかくとして、
今まで何度も語られてるとは思うが、ファンタスティックな言動をあげてみよう。

・肉離れのことを「ミートグッバイ」
・ファンから「長嶋さんと誕生日が同じなんです!」と言われ、
「へー。で、あなたの誕生日はいつ?」
・職業欄には「長嶋茂雄」と記載する。
・好きな四字熟語を書いてくださいと依頼され、「長嶋茂雄」と記載する。
・アメリカに到着して空港から出て、「うわー!外車が多いなー!」
・「I live in TOKYO」を過去形にしなさい、に対して「I live in EDO」と回答。
・「THE」をてへと読む。
・海外のお店で、気に入ったスーツを見つけて買おうとしたがそこはクリーニング店だった。
・セコムのCMに出てたのに泥棒に入られる。
・お寿司を食べて「板さんのおにぎり、美味しいね」
・バッティング指導は「ビューと来て!バシンと打つ!」
・犬の散歩にいくと迷子になり、犬だけ帰ってきた。
・選手時代、監督から相撲部屋に行って苦悩を色々聞いてこいとレポート指令を受ける。
後日、長嶋さんの提出レポートは「わかりました。」
・「ジャイアンツの監督は大変です、なにしろ毎日がジャイアンツ戦ですから」

と、ついつい多くなったが、これでもほんの一部だ。
今回のブログのテーマに対し、僕が自分の言葉で何かをひねり出す必要などない。
もうこれだけで充分達成された。

これを成績のパっとしない選手がやってたらただの要注意人物だが、
長嶋さんの場合は選手としても超一流だったのだからぐうの音も出ない破壊力だ。

「スターとはみんなの期待に応える存在。スーパースターの条件は、その期待を超えること」
とは本人のスター理論だが、まさに一番実践した人物だろう。色んな意味で。
エリア丸ごと過去に戻してしまうなんて、完全に我々の思考の角度を超えている。


さて、
そんな長嶋さんが実力とエンターテイメントで「ミスタープロ野球」と呼ばれてきたように、
スポーツももちろんだが様々な人気のあるジャンル、コンテンツには
必ず世代を越えても知られているスーパースターの存在がある。

例えるなら音楽でいえばビートルズ、国内だと美空ひばりさん。
サッカーだとキングカズ、三浦知良さん。(彼に関しては今も現役というのも凄い)
それぞれの分野において御大達の努力と栄光、存在そのものが無ければ
今現在のここまでの繁栄はなかったのではないだろうか。


そして。

「ペ・ヨンジュン」
ヨン様だ。

パッとこの人名を見て、背景に何が思い浮かぶだろうか。
おそらく日本人の99%の人が「冬のソナタ」、広く言うと「韓流」だろう。
ペ・ヨンジュンの全盛期を知ってる知らない、韓国ドラマに興味があるなし、
もっと言うと好き嫌いに関わらず、多くの人がそう認識しているはずだ。
幼児はともかく、名前すら聞いた事ない人がいたら奇跡だ。


そう。
日本国内においてブームではなくもはやジャンルとして韓国コンテンツを
定着させてくれたきっかけは紛れもなくヨン様だ。それは後の「K-POP」も含む。
僕もアジアコンテンツに関わる人間のひとりとして断言できる。
もちろんその後も数々の人気韓国スターが出てきてはいるが、
彼が「冬ソナ」で海を渡って来なかったらここまでの広がりは見せていない。

正直言うと、「韓流」にハマっているわけでもないしヨン様に直接会ったわけでもない。
それでも彼が居なかったら片田舎から出てきた僕にとって、
今の仕事はとっくに無かったかもしれないのだ。
今でも美味しくお酒が飲めて、食事にありつけているのも彼のおかげである。
それ以上に、そんなヨン様をはじめ韓国コンテンツを支えてくれてきた
ファンの皆さまには一生アタマがあがらないだろうし誇りにすら思っている。

そういう意味も踏まえて心から感謝していると断言できる。

たったひとりの人間が、僕のようなファンでもないどこの誰ともわからない者でも
日々平和で笑顔で暮らせるエネルギーを放つ。

たとえ歴史を築いたスーパースターではなくても、
せめて身近な周りの人々にそう思ってもらえるような、
身近な誰かにとってのスーパースター、そんな存在でありたいものである。


<筆者プロフィール>
名前:UMS(エスピーオー男性社員)
出身地:福岡県北九州市
現在地:文京区
部屋:更新済み
好きなセパタクロー選手:なし
好きなタイプ:設楽りさ子


■関連記事
空と君のあいだに
夢見る頃を過ぎても
言葉なんていらない
三国志の向こう側
「ツンデレ」を考える。

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  2. 2ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  3. 3「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  4. 4ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  7. 7「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  8. 8韓国映画ラインナップ発表会を開催inシネマート新宿!
  9. 9イ・ジュンギについて語る60分!トークイベント開催決定『★「クリミナル・マインド:K...
  10. 10【イベントレポ】「アテンションLOVE」プリンス・チウ&ジョアンヌ・ツァン来日合同取...
  1. 1中国語版「花より男子」F4配役が決定!
  2. 2ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  3. 3「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6韓国映画ラインナップ発表会を開催inシネマート新宿!
  7. 7「サイムダン」が韓国で最も尊敬される7の理由
  8. 8【全話ふりかえり vol.5】「マイ・サンシャイン~何以笙簫默~」を全話ふりかえり!
  9. 9イ・ジュンギについて語る60分!トークイベント開催決定『★「クリミナル・マインド:K...
  10. 10【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事